バナー 300×250
カテゴリ
アーカイブ
タグ
バナー 300×250
バナー 300×100
バナー 300×300 スマホ非表示
バナー 300×600 スマホ非表示
ブロック
サービスについてのご相談やお問い合わせは
フリーダイヤル
フリーダイヤル
受付/平日8:30〜17:30
サービス内容に関して、疑問や不安なことがございましたら、遠慮なくご連絡をください。
ビジネス・事業を行ううえで、ちょっとした困りごとなどあったら、まずは「じむき」のメンバーに声をかけてください。
「急いでほしいんだけど」「こんなのないかな」「購入予算ないんだけどレンタルでなんとかならない」など、一見むちゃだと思うことを投げかけてみてください。
なんでもできる訳ではないですが、一緒に親身にできる方法を考え、提案させていただきます。
HR Trust
ZOOMウェビナー
【ZOOMてらこや】補助金・助成金、再雇用等に関するウェビナーを開催しました

2021年5月21日(金)お得意様を対象としたZOOMウェビナーを開催しました。

補助金・助成金を含めた労務管理関連のセミナーは、今年で3回目になります。
今回は初めてZOOMウェビナーを利用して開催しました。

セミナーには、製造、小売、建設、観光業、福祉サービス、など様々な業種の方々23名にご参加いただきました。(ありがとうございました。)

スケジュールは3部構成となっており
①クロノスの就業管理ソリューションのご案内
②最新の人事労務と補助金・助成金のおはなし
③再雇用者の給与等の合理的な金額について
という内容でした。

①クロノスの就業管理ソリューションのご案内
「そろそろ勤怠管理システムを導入しようと思っている」というお客様が3社ご参加くださり、まだ未整備の方を対象として、クロノス株式会社の就業管理ソリューションのお話しをさせていただきました。
導入する企業様の従業員数や事業規模・形態によって、クロノスパフォーマンス(就業管理システム)やクロッシオン(申請・承認クラウドサービス)、タイムレコーダーを組み合わせて、必要最小限度の構成からカンタンに導入できるお話しをしていただきました。また様々な給与ソフトとの連動についてもご説明させていただきました。

 

②最新の人事労務と補助金・助成金のおはなし
HR Trust代表の江原充志先生と丸山で会話をしながら、概要説明と具体的な取り組み事例についてお話ししました。
一方的に説明をするとZOOMウェビナーでは飽きてしまいますので、途中わからないコトバの説明を聞いたり、実際に鹿児島じむき商会で労務環境制度を整えたり、検討したりした時の具体的な話を取り混ぜながら進めました。
経済産業省・中小企業庁の補助金、厚生労働省の助成金の大きなところはだいたいご説明できたと思います。

どの支援策を活用して会社の整備をしていくのかは、それぞれの企業・組織によって異なりますので、具体的なご相談があればぜひお受けしたいと思います。
鹿児島県サービス業販売チャネル新規開拓・生産性向上支援事業については、とても活用しやすい支援策でしたので、対象となる企業様には是非取り組んでいただきたいと思います。

 

③再雇用者の給与等の合理的な金額について
小豆野法律事務所の小豆野先生にご登壇いただきました。
こちらも一方的にお話しすると、難しい法律用語もあり伝わりにくいと思われましたので、随時コトバや用語の質問をしつつ、鹿児島じむき商会の実例などを織り交ぜて進めました。

 

 

今回の3つの議題は、ほとんどの中小企業経営者・経営管理者が、現在または将来抱える悩みです。
今後は、人事労務という視点だけでなく、中小企業経営において必要とされる、お役にたてるコンテンツの提供をしていきたいと考えています。私自身が一経営者として悩んでいる具体的な課題や相談事を公開し、お得意様と共感、共有できる企画にしていきます。

最後に、今回のZOOMウェビナー形式で配信するのは初めてで、途中でメインパソコンの電源が落ちてしまうトラブルが発生するなど、ライブ配信の難しさを体験できました。
こちらも次回からのウェビナーに活かしていきたいと思います。

バナー1 1080×250 スマホ非表示
バナー2 1080×250 スマホ非表示
ブロック
サービスについてのご相談やお問い合わせは
フリーダイヤル
フリーダイヤル
0120-704-993
受付/平日8:30〜17:30
サービス内容に関して、疑問や不安なことがございましたら、遠慮なくご連絡をください。
ビジネス・事業を行ううえで、ちょっとした困りごとなどあったら、まずは「じむき」のメンバーに声をかけてください。
「急いでほしいんだけど」「こんなのないかな」「購入予算ないんだけどレンタルでなんとかならない」など、
一見むちゃだと思うことを投げかけてみてください。
なんでもできる訳ではないですが、一緒に親身にできる方法を考え、提案させていただきます。